ふきぴあんの語り部屋

ピアノ弾きふきぴあんのステキな(?)日々♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

no title

気持ちが、広くなるような景色を見に行きたい。

スポンサーサイト

PageTop

no title

今日のよかったこと♪駅のホームで、スズメが遊ぶ姿を見ながら「たまごかけごはん風おにぎり」を食べたこと。デザートに食べたチョコレイト一粒が超おいしかったこと。ストッキング穿きたくないから素足にサンダルをはいて出かけたらとっても解放感があったこと。昨日塗ったペディキュアが、日光のもとでキレイに発色したこと。弾きに行ってる合唱団で、病気により復活見込みがないと思われていた団員さんが、ふたりも、元気に復帰したこと。でっかい夕日を見たこと。ふと通りかかったペットショップのニャンコがとってもかわいくてすっかり癒されたこと。

PageTop

no title

もにゃもにゃ。わかったぞ!もしかして、ひとの気持ちがものすごくわかったときに、それを尊重するばかりに自分の意見が言えないだけで、「ひとの気持ちがわからない人間」でもないし、「自分の考えがない人間」でもないんだ(ないときもあるけどあとからできるときもあるよね!)。わたし、なんにもできない人間だと決めつけてたよ~(泣)!それから、同調・同意することがわるいこととも思っていて、それほど人生にかかわらないことにおいては簡単に同調するくせに、肝心なときにそれができないひとでもあったことがわかったぞ。。。毎日一分一秒が本番なんだね。そのとき言えばよかったのに言えなかったことや、できなかったことのやり直しってきかないんだよ。きかないんだよふきぴ。きかないの!わかったか(怒)!わかったっっ!?わかれ!!!わはははは。

PageTop

no title

3ヶ月前におこなわれた合唱の演奏会のDVDをいただいたので、勇気を持って観てみた(自分の姿を客観的に観るのはかなり苦手なのだ。撮られるより撮る方が好きですなー)。歌っているみなさまを見てるとウルウルしてしまいます。きれいだし、生きてるんだ!が伝わってきたんだな。演奏自体は色々なところから聞こえてきたように木下○子作品群だ素敵でした。指揮者も歌い手も、思い入れたっぷり、それが音楽として昇華されていた感じでした。わたしも大好きだったのでこんな風なステージになってたことを知って嬉しかった。ただやっぱり苦手苦手で練習していた曲たちは肝心な歌詞が聴こえてこなかったり音楽の流れが不自然になったりで、消化不良な感じが客席に伝わってたかも…。コワイとかニガテとかが頭の片隅にあると、やっぱり出てくるものがその分マイナスなのかもしれないを思う。それでも舞台構成はとても楽しめて、流石!を思います。また次回を楽しみにしてます。←ヒトゴト?で、弾く姿、見ちまったのだがまず姿勢が悪くなったなあと思った。背中を丸めて弾くクセがついたなあと思う。北京原人だぜ。まあ何年か前は背中が真っ直ぐで姿勢が良すぎると注意を受けた(音楽に柔軟性が生まれないとかで)こともあるのが影響にあるからかもしれない。そして、鍵盤から体が離れすぎてるかも。腕が長いのか?離れた、余裕のある空間が必要なのでそうしているのだがちょっと甚だしいかも。おかげで腕がキレイと評判よかったらしいが…(喜!?)。あと、耳をひらくために少し上を向くクセがあるのだが、ハタメちょっと不気味だった。もっと違う方法があるかも。指は、頑張ってた♪顔は、高校の頃より弾いてる時が一番まともとよく言われるのだが、…ふふふ。そうかい?そうなのかい?にやけすぎだよ。あと(まだあるんかい)、ついこないだ「君ってドリフみたいだよね」って言われたのだがそれを彷彿させる仕草が盛りだくさんで反省(曲間に)。最後に、終演後の様子も素敵に写っていた。すてきなことを妄想させるシーンもあり(殿堂入りショットや!)。ふふふ。反省たくさん。とりあえず、脱・ドリフ(人の前では)。

PageTop

no title

10代にして大きな文学賞を二つも受賞した作家の作品を読んだ。美人さんで若くてってことでかなり脚光を浴びていて、わたしも興味深く思っていたのだけど、ミーハーなくせにひねくれものだから、ほとぼりがさめたころにまだ興味があったら読んでみようという位置付けだった。で、読んでみたのだ(代表作ではないものを選んだところがひねくれものらしい)。それが、すごいのよ。あなた若いのにこんな文が書けるの?圧倒されてしまった。作家ってどんな人物像もリアルに書くには人の気持ちを考えられないといけないでしょ。すべての気持ちを作家自ら経験しているみたいに書いてあってほんとにすごいと思った。わたしが大学に入ったら国文系~♪と憧れをもっているわけのひとつは、すぐれた作品を通してひとの気持ちを考えられる人になりたいからなんです。。いまさら学校には行かないが(学校に行かずに色んな人と話す方がよろしい。)…。それにしても作家ってすごい。この作家さんの代表作(受賞した2作品)も読んでみよう。ってゆうか、話全然違うけどいまダメ期で大変。周期的にその時期にあるせいでもあるが、読んだ本のせいかもしれないし、月曜日のせいかもしれないし、ストレスのたまる練習のせいかもしれないし、電車の寒すぎる冷房のせいかもしれないし。町行く女性がみんなきれいで、時折敵にも見える(ふきぴってこわいひと~!)。同世代の誰かと話したいと豪語したけど実のところいまは誰とも話したくなくて。ただ、なんなんだろうわたし、と思いながらわけもわからず涙が出る。いまはそんな時だから仕方がないのである。

PageTop

特技

特技というか、パズルゲームが大好きで(いわゆるオチゲーとかいうやつ?この省いた言い方はある時をのぞいてとても嫌いだ)、たとえばテトリスなんていうのは何時間でもやっていられる。はじめてわたしを虜にしたのは「Dr.○リオ」で、対戦しても誰にも負ける気がしなかった(強いひとと対戦したことがないといえる…)。最近、また新たなゲームを知ってやってみたのだが、更なる高得点を目指して何時間でもやってしまうそのさまは執拗でして。端からみたら不気味だろうな、と思う。端から見た自分を見たときに、なんて愚かなのだと気付いてようやくゲームから離れられる。ほんっと、しつこい。

PageTop

月曜日、あさ

夢のなかで、いま歌ってる曲が流れていた。
夏休みっぽい学校、廊下を歩いていたら若くて清廉な歌声が風にのって聴こえてきた♪
Bードのミサ曲。メゾパートのみが聴こえたのだけど、
多分(絶対)指揮者の指揮のもとで歌われている素直な歌だった(指揮者に従順という
意味ではない)。
心地よいなあと思ったところで目が覚めた。

朝は久々に優雅な気分でお気に入りのさくらんぼの紅茶を飲んだ。

リビングのPCを立ちあげた。
…うっかりしてた。

うっかりついでに昔のふきぴに会いたくなり、日記帳を引っ張り出して読んだ。
2004年。今より文字がきれいであーる。読み進んだら一番肝心なトコロで日記は終わっておーる。
わけわからん殴り書きのメモはあるが、わけわからんといっても当時のわたしにとっては
全てが必死で、それなりに頑張っていたんだなーと。よしよしと頭をなでてみる。
自分が頑張っていたことはわかっても、肝心なことはちっともわからーん!
当時の手帳を引っ張り出せばわかることもあるだろうけど
わかりたかったことはきっと書いてないし。
手帳はこないだ部屋を片したときに随分奥の方に追いやったので出す気力がわきません。
もったいないことに、謎に満ちている(笑)。
わかってるくせにと思いつつわかってほしいこともあったけど、
わかってもらいたいこともあったんじゃないのかって思う。
いいこともわるいことも。

むきゃー!←なんだこりゃ!


ピアノを練習するだす。
歌を練習するだすっっ。
本をたくさん読み、
あとは、たくさんの同世代の人間と話をするだすっっっ。
ついでにヒップアップの体操もしなくちゃ。

PageTop

バジル3


バジル、すこし大きくなりましたよ。
でも、バジルに見えない。
どうみてもカイワレダイコン。
毎日様子みてるとかわいいデス。
カイワレダイコンだろうとなんだろうと、料理に使えなかろうと、かわいがりますよ♪

何かを育てるってそういうことかな。
今、お水いるかなあ?
日の光がほしいかなあ?
過剰に与えるのもいけないけれど、
放っておけば枯れちゃいますもんね。
バジルのほかにも、なにか育てたいな♪しかし今のあたしにゃまだまだむりだにゃ。
とりあえず、このバジルじゃー。

しかし、小学校の理科の時間に撒いた種。
みんなのはよく育っていたのにわたしのは何の種をまいても大抵発育が悪かったなあ。
同じようにみずやりしていたはずなのに。
なんでなんだろね。

PageTop

ひねくれもの




朝の天気予報では、一日中雨の予報だったのでもちろん傘を持って出掛けました。
家を出るときは傘はささなくていいほど小降りの雨でしたが、
きっとそのうちに本格的に降るだろうと思いましたしね。

しかし、あら~、青空!
お日さまがまぶしい!

傘が不似合いで、持って歩くのが妙な感じでした(折り畳みにしとけばよかったよ!)。
結局夜まで雨降らず。
良い天気は嬉しいのですが、傘を使えずちょっと悔しかったです。
そういえば、昨日も傘を持っていたのに雨は降ったにしても使うときに降ってなくて。
そういや、傘を持たないときに限って雨が降り、傘を持ってるときに雨が降らないことが
多くあるなあと思いました。

しかし梅雨はどこにいっちゃったのでしょう?

PageTop

カビエモン

この季節、どうもよくない。
季節というか季節の変わり目。
いつも咳がでるのさ。
一日三分でも発声練習を日課にしようと思っているのだが、このところ、歌うために息を吸うと
咳が出るので中断中です。
だから、歌い方を忘れそうです。
器官にハリガネ虫とか、カビエモンとか、なにか住んでるのかしらという感じですよ。
中学生の時分からこの症状はあり、当時ブラバンで吹いてたオーボエのせいではないかと考える。
一年生はへっぽこプラ管を与えられ、その楽器のキィには緑青が。。
毎日練習するのにキィに触れなきゃいけないものね。練習後は指が青くなったものだわ。
楽器のケースを開けるとカビくさいし、リードだって通気性には気をつけてはいても、
常に水分を含ませていたからねぇ…。それをくわえて吹いてたからねぇ…。
当時の、そういったカビ菌が、いまだにわたしの器官に巣食ってこの季節の度に悪さをするの
ではないかと思っています。
さて、最近は咳こんだあとに血の味がするんでどうにかならんかね…(汗)。
しかしながらわたしの中に、「医者に行く」という選択肢はないので、賢くないけど
この季節が過ぎるのを待つのみさ。
部屋をきれいにして、良く寝ればなんとかなる気がします。
いま、百日咳とか流行っているようです。
電車の中などで結構ゲホゲホしている人を見掛けるから気いつけないとー。

なんといっても、月末に歌の本番で、同パート二人しかいなくて、「声がでなくなったら
どないしようと」と言ったら「風邪なんか引いたら絶好だかんね」と言われてます(汗)。
思えば学生時代から本番に体調崩す子だったかも!
インフルエンザで伴奏できなくてピンチヒッターに代わってもらったこともあるし、
気管支炎で歌のコンクール出られなかったこともあるですよ。
イチバン肝心な時に弱いひとだったりしてからにー(汗)

PageTop

どんぞこ


親友と、EBスにあるライブカフェに行ってみた。
ピアノカルテットをつまみにビールとワインをいただきました。
ひとの演奏聴くと自分もやりたくなるから困ったものです。
ネタ(曲レパートリー)もないし時間もないから実現は難しいけど、
我々にはほかでは見られぬモチアジがあるよなあ~ と、思うわけ。。。


さて。
親友と「なんちゃら♪」ゆうユニット組んで、たまにどこかでライブをしているのですが、
最近お互いに忙しくて活動らしい活動はしてないですの。
そんなわけで、「なんちゃら♪」はもう解散したの~?と周りによく言われると、
親友はご立腹でして。
わたしとしては「なんちゃら♪」は永遠に不滅ですと思っているから
そんなこと言われても今すぐライブやらなきゃ!という気にはならないです。
やれればやるに越したことないですが。
親友に、「いっっつもほかの子の伴奏したり合唱団ばっかで、
一体いつ、わたしのピアノを弾いてくれるのーぉ?」。


…それは嫉妬かね?と思いつつ、「なんちゃら♪」をやらない理由を頭の中で並べていたら、
親友に怒られた。
やらない理由なんて、理由にしたくない理由だったり言い訳ぽく聞こえるから言えなく
なってしまうのが常なんだけど。
わたしがどう考えてるのか聞きたかったんだよね。。
親友にまで気持ちが届けられないでいたことが ショックだったわ。
がーん。
ふきぴぃ、いつまでも成長のみられんやつ。
だめじゃん。
しかし、あらためて気付かせてくれた親友には感謝…。
にゃ~ぉ(泣)

PageTop

なの

ナノのドライヤーについて。
買った日より早速使っていますがナノの効果、どうなんざんしょ。
まず、買って帰った日、はじめて商品の箱をマジマジと見ることになったのですが、
「きついクセのある髪と、サラサラまとまりのある髪には効果がない場合があります」
との注意書が!
なに~。わたしの髪はきつすぎはしないが、まあまあクセがあります。
ナノ効果を味わえないかもしれないって?
そもそも結構クセのある髪のひとが、「艶があってまとまる髪に」憧れてナノに手を伸ばす
のではないのかしら?
っていいますか、店頭にそんな注意書がなかったですよ!なんて騙された気分になりながら。
キューティクルが失われたパサパサの髪に救いを~。カラーリングで傷んだ髪に潤いを~!!

さて、初めてスイッチを入れた時に、ものすごいパワーのある風に驚きました。
前に使ってたドライヤーは「静音設計」だったのですが、今回は特にそういった設計ではないらしく
音にも馬力が感じられました。
うっかり耳元でスイッチを入れたので、鼓膜にキーン…と衝撃が。
しばらく耳鳴りが鳴るようで、耳付近の髪を乾かすのには要注意デス!
いやあ、乾きは、早いです。
今まではドライヤー使うのめんどいし、時間が勿体なかったので、ほとんど風呂上がりには
自然乾燥だったのですが、早く乾くのが楽しくて、今はきちんと乾かします。
自然乾燥で髪がいつまでも濡れてる状態だと雑菌が繁殖しやすいので、
すぐに乾かすことはよいことですね☆
速乾仕様であるところにこのドライヤーの価値を見い出してみました。
しかし、速乾のために「ターボ」やら「ドライ」モードで髪にあてていると、
「セット」する間もなしに乾いてしまうのでなんとなくワイルドな仕上がりです。
しかし、ナノ効果でしょうか?
手触りがやわらかく感じるー♪
「ナノだ」「ナノだ」「ナノなんだ」と自分に言い聞かせて使ってるから
そんな気がするだけかもしれませんが、イイ感じです。
しかし、梅雨の雨の前にはどーにもならんボーボー髪になってしまうのですがっ(笑)!

PageTop

ぐーぜんに

サッカーを観てたわけではありません。
古くなったパソコンと格闘してたら寝不足で、晴れた空にとろけそうなりながら
ボーッと駅に行きました。
乗り換えに便利な所に並ぶはずが、ボーッとしていつもと違う所に並んでしまった。
それで、「あら~、せんせ!」と声を掛けられてしまった。
あら~、名前はわからないけど、昨年知り合った同じ駅が最寄り駅の合唱人。
これまでにも幾度か近辺でお会いしていて、いつもの場所に並ばなかったのも
この人に引き寄せられたのでしょうか、そんな不思議なオーラを感じずにはいられませんな。
ひと駅分しか一緒でなかったのですが、そろそろこの方の所属する合唱団に音取りストとして
行かねばならないことを思い出し、少し緊張してきました。
昨年、音取りストとして短期間だけ行ったのですが、今年もお話があったということは
悪くはなかったのかな。有難いことです。大好きなモーツァルトなので頑張るぞ~♪

PageTop

お初




ふ、ふ、ふ。
デビューです。
前から行ってみたかった神○バー。。
楽しみに人待ち中♪

スカイツリーも見えるんだ☆


浅草久しぶりですが、やっぱりなんとなくワクワクするです。
昔、人を長時間歩かせてしまった気がしますがいまはもっと上手に歩けるはずだのにー

PageTop

オヤジ盛り


朝食には、いつも食パン半分とコーヒー、バナナジュースくらいがちょうどよい量なのですが
本日は成人男性が食べるくらいの量を食べてみた。
ちょっとどこか神経が麻痺してて、ご飯をよそう感覚がすごく大胆な自分でありまして…。
母が4時前に起きて父のお弁当をつくるのですが、そのあまりをいただき牛丼です!
朝から重い食事ですがペロリと完食。
朝ヨガをはじめたから内臓が元気なのかしらん?
でもやっぱり朝はコーヒーの方がいいや。
たくさん食べると頭が鈍る感じがします。

PageTop

82歳

全員82歳の珍しい男声合宿団にピアノを弾きに行ってるのですが。
指揮者の先生が急用につき練習時間30分を残して退出されたので残りの指導を任されました。
ま…待ってください。心の準備ができてないってば~…。



殿方には、「ふき語」的に話をすると意味が通じなかったり、通じない話を重ねて聞かされる
ことによってイラつかれるという失敗もたびたび経験あるし(汗)、
ましてや高齢な方をお相手にお話するっていうので なんとなく言葉に気をつけながら
練習しました(お~、ちょっと賢げ♪)。

一瞬失礼なことを言ってしまったかしらと思っても、5年も弾きに行っているから。
なにかしら信頼関係が育っているからこそと思うけれど、
海のようなおおらかさで言葉を受け止めてくださるので気が楽になり、
楽しい練習をすることができました♪
少年のような目をしてわたしの言葉に注意深く耳を傾けて、何かを得ようとする姿勢には
頭が下がる思いです。
そんなわけで日頃から伝えたいことがたくさんあるうちのいくつかを、伝えてみました。
わたしとしては、伸び伸びとした実年齢より30歳位若い声を聴けたことで満足しましたが、
練習後に皆さん気持ちよく声が出せたとか、すっごく勉強になった
とか、歌詞に気持ちを込めるなんてはじめて(そんなことはナイハズだが)です、とか
いままでわからなかったことがわかって、腑に落ちたような気持ちです、などと
目を輝かせながらそんな感想をいただけたのでとっても嬉しかったです。
まあ、このような団ではいつもと違う練習をしてみるっていうのは、
たまにはいいのかもしれません。
わたしもいろんな指導者の元で弾いたり、歌ったりしているということが、
こういう所でいかせるんだなあ、ダテにやってるわけじゃないんだなあ、と。
また色んなものを吸収すべく頑張ります。
ところで、それもいいのだが、まずはピアノだ。
本番ラッシュなのでピアノを弾き込まないと。
歌は開き直ってナンボ、
ピアノは弾き込んでナンボだ。
全体的(指揮者的?)に言うと、読み込んでナンボだ。

寝てる間はナイハズだけど、やっぱり夜更かしは美容にも健康にも脳みそにもよくないことが
身を持って実証されたのできちんとした夜に寝て、朝らしい朝に起きるを実行したいと思いまーす。

PageTop

高校生

今日は日傘日和。
駅のホームに、高校生がたくさんいた。
テスト期だね!
そんな中、女子たちの会話。
「あぢ~、だる~」。
「やっでら゛んね゛ーね(やってらんねーね)」。
わ、なに言うてんねん。
確かに暑いけどこんな暑さにそんな文句言うでない!
それほど蒸してもいないし、これからスゴいよ、夏が来るんだよ。
ほらごらん、わたしは長袖だけどこんなに涼やかにいられる。
ふっ。
勝った。
若者に、勝った(にやり)。

な~んて思ったりしたわけですが大人げない(苦笑)。
そんな勝ち負け思ってる時点で負けてんとちゃう?

賑やかな喧騒の中、自分の高校時代をふりかえる。
入りたくて入った高校じゃなかったし、そこでやりたいことも特に見い出せなくて
わたしにとって暗黒時代な位置付けにあるあの頃。
大学に入るための準備はできたとは言えるけど、人間的な成長がなかった悲しい時代です。
その頃、何を考えてたかなあ。
ピアノのこととか、まるで想像つかない将来のことをボケッと思ってたかも。
浅~いながらもテツガクぽいこと(「哲学」とはいえないところがミソ)ばかり考えていたかも。
とりあえず楽しく話せる友人はいたけれど、ほんとはテツガク ぽいことを深く考えることに
結びつけられるような話もしたかったんだ。
友人との会話の内容は、「○ちゃんが▽だ」とか「◆君がどうだ」とか人の噂話が圧倒的に多くて
当時 ひと に対する興味がなかったといえるわたしにとって心底楽しめる話題では
なかったっちゃなかった。
この頃にひとに対して興味が持てていたら、とか色々思うけどいまとなってはしょうがない。
やっぱりズレてるんだよね。
な~んて、賑やかな女子高生見ながら思ったさ♪
まあ いいや。

PageTop

朝に。

珍しく、(わたしにとって)朝早くに目が覚めたぞ。
どの目覚ましよりも早く目がさめた。
いつもなら「まだ寝られる♪わーい」って再び寝てしまうところだが…。

モヤモヤ。
吐き出したいことを吐き出してしまおう。

前から思ってたけど、はっきりわかった。
ことばが、ますます通じにくくなったこと。

あたりまえっちゃあたりまえだけど、ちょっとさびしいです。
かつて、耳をひらいて、心もひらいてくれていたであろうことに限りなく感謝するのです。
知ってたけど、実感持てなかった(涙)……
…げ。朝からしんみりモード。。。
さて、朝ヨガでもやってリフレッシュするのです!
今日は、梅雨前の貴重な晴天だそうだ!!
洗濯~!

PageTop

バジル2


1日経ったらだいぶ大きくなりました。
かわいい♪
土の表面にカビが生えてるのが気になるけど…。

PageTop

緊急値下げ

わーい☆
ビック▽メラに行ったら目を付けていた品物が2000円の値下げ。
ドライヤー!即買いしました♪
ナノです!ナノ!
2000円の値下げでも高いっちゃ高いですが、いいんです。

実は昨日もビッ▽カメラき行きましたがね。
買わなくてよかった~!
その他、いつも気になる商品をチェックしましたが、いつもよりお買い得な様子。
なんだろ、いま家電買いチャンス期なのかしら?

PageTop

バジル



バジルの栽培キット買って2日前に種を蒔いたら芽が出たよ!
嬉しい!
台所に「ハーブがいっぱい」とか憧れます。
必要なときに摘んで使うのとか楽しそう♪

PageTop

なりたい女性像をひとことであらわすと、「凛としたひと」であります。
まず凛という漢字が好きなんだ(笑)!
あと「りん」という語感が鈴の涼やかできれいな音を連想するさせるのです。
その漢字からは「芯があって落ち着きがあって、澄んでいて」、
というのがイメージされるのだけれど辞書を引くと「寒く厳しいさま」とありました。
寒く厳しいひとには近寄りたくないです(汗笑)。
まあ、自分に対しては、厳しい方がいいと思っている。やろうと決めたことをやる強さとか、
他人がとやかく言おうと自分はこうなんだ!って思える強さがほしいもの。
そうして、ひととは「和」でもって接したいです。


さて。本日は 「あなたはおとなしいから…なんたらかんたら」と、「おとなしい」と言われたことに
ずいぶん腹立たしい気分にさせられました。
ズバリ言われたことに対してなのか、そうではないのに!と反発したい気持ちだったのか、
一瞬考えましたが、単なる反発でした。
わたしは表現が適切な伝え方とタイミングでできないだけであって、おとなしいわけではないです。
と、鼻息荒くここに書いてみる(笑)。


ところで話が変わるのだが
合唱の練習中に指導者に「これしちゃいけない あれしちゃいけない」と否定的な指摘を
受け続けることは、まずあまりよい結果がでないことが興味深いことでありました。
わかるんだ、よくないことをよくないと言いたいこと。
否定的なことを言われると、それを直そうと余計な力が入って失敗してしまうのである。
例えば小さな子供にお茶を運んでもらうときに、ママの「こぼしちゃだめよ」のひとことで
こぼしちゃだめなんだ!と緊張が走り、こぼすってことが起きやすい。
言うなら「上手に運んでね」とか、前向きなことば。
歌でもそう。
「喉がしまってるそれじゃだめ」と言われるよりも、
「解放して」とか、「気持ちよく息を流して」とか「広い気持ちになって」の方がうまくいくと思う。
「解放」とか、「広く」とかが歌詞に直結して結び付くイメージだとなおよい。
わたしは、歌いたいけどなんかうまくいかないと悩んでるおかあさんたちに、
機会があったら歌うことをそんな風に伝えていきたいんだ。
しかし!しかし!しかししかし!!
自分に対してあれしちゃいかんこれしちゃいかんと色々制約かけているので
相変わらず歌がうまく歌えないいし(歌を始めた頃の方がよかったようだ)、
もしかすると生き方も、ね。
「寒く厳しいさま」も考えものデス。。
テーマは解放!!


長くなったかも。
電車の中で編曲を試みようと音符♪を書こうとしましたら鉛筆忘れました(泣)ので
日記タイムになりました。

PageTop

わたしったら




先日、荷物を重そうに持っていた殿方に対して「持ちましょうか」と結構強引に言ってしまった。
そうしたら「女性に重いものを持たせるのはぼくのポリシーに反するのです」と。
しまったー!
そんなことを言わせてしまった自分はバカかとほんとにあきれちゃう。
言われて気付く色々なこと。
ああ、なんてこと。
わたしには、自分には人間として欠けてることがたくさんあると思っているので
せめてできることだけでもやりたいと、だから 持ちたかった(!)のですが、
やってることの ピントがやっぱりズレてしまってます(汗)。
客観的に見れば確かにおかしなことだよね。。
ちっちゃい女の人がたくましき男性に重いもんを持ってやるよなんて。
自分が、オトナなオンナであるということを自覚することだ。
自覚できてないことが、これがふきぴだ!みたいに開き直ってしまっていたところがあったけれど、
今回はかなり反省。これを機に色々見直したいです。


写真は…
今夜の食卓。
日中充実して過ごせたあとのお酒はやはりいいモノです。
今日は、充実してたというより、飲まないとやってらんない!な気分でしたが。
カラスミが家にあったのでカラスミのパスタ。
チーズ揚げと、そらまめ。
おつまみつくるのが好きです♪
おうち居酒屋が夢デス。
「おうち居酒屋」っつうのは、大好きなひととおいしくお酒を飲む環境でありますね。
ビール一杯でもいいし、ワイン一本あけてもいいし、日本酒をちびちびのんでもいいし、
はたまた飲まない日があってもいいし。
とにかく一日の疲れをそこで癒すわけです。そしたら次の日が元気にやってくる♪

ああ、考えてたら楽しくなってきた!

最近、国宝級の仏像さまがいるところで引いたおみくじによると、
待人…来る
恋愛…進展せぬがのちに叶う
とあったのでルンタッタと前向きに行きませう!
何が「叶う」のかわからないけど、叶うのは自分の願いなはずだもんね。
叶えたいことは「おうち居酒屋」をすることというより、「誰と」それができるのか、
ってのが重要であります。
なかなか難しいね。
でも、脱!海の上のピアニスト。

まずは、…出かけてみよう。

PageTop

つぶやき

むかしむかし、映画・海の上のピアニストを観たとき。
わたしの人生はこの映画の主人公人みたく終わっていくんだろうなと思っていたんだなー。
心の中ではそんなのイヤだ!と思いつつ、
そうなっていくことに納得させながら生きていたんだな。

でも、ある日、そういう人生にはならないんだ。とはっきり思えたんだ。
なぜならわたしはそういう人生を望んでないからです。

でも(「でも」が多い文は嫌いです(笑))。
今日、一日ピアノを弾いていたら、「海の上のピアニスト」みたく終わるような気がして
ならなくて。。。
…もっと集中して練習しろよー。
ばかだねえ…。

映像がきれいでいい映画でした(許せんシーンもありましたが)が、
「いまのわたし」を遠くに感じられるほどにならないともう一度観る気がおきません。

PageTop

ユメキロク

劇場に、なにかを見に行って、はじまってみればそれはものすごくおもしろくなくて、
客席にいっぱいだったお客さんが さーっ といなくなってしまった。
わたしは誰と一緒かわからないが席に残り そのひとと 観劇する。
何を観劇してたかわからないがミュージカルぽい。
休憩の時だかに、食べ物を買ってきてもらってわたしはなかなか溶けない
アイスクリームを少しずつたべた。
終わって、小間物屋に移動したら、懐かしいともだちに会った。
10年前に会った頃のファッションだった。現実に、今年はわけあって彼女に毎年恒例の連絡を
しないでいたのだが、偶然会ったので 嬉しくて 声かけようとしたら シカト された。
がーん。

って夢を見ました。

寝過ぎじゃ。
起きてみたらどうやら泣いてた形跡があり、
顔を洗ってるうちに寝てる間に見てた夢を思い出したので
とりあえずキロクなのだ。

さて、効率よく過ごしましょ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。